ホメオパシーとは?


   ホメオパシーは、今から約 200 年前にドイツ人医師のサミュエル・ハーネマンによって確 立された自然療法です。自然の原料から作られたレメディによって、人間が本来持っている自然治癒力を活性化させ、心 身のさまざまな不調を改善します。 

  ホメオパシーには、以下の原則に沿って実践されています。

 

 

1:似たものが似たものを癒す

2:一種類のレメディがその人全体を癒す

3:出来る限り微量の摂取を心がける 

 

 

 ~似たものが似たものを癒す~

「類似の法則」

   

  ホメオパシーは、「健康な人に与えて、ある症状を引き起こすことができるものは、それ と似た症状を持つ人を癒すことができる」という考え方に基づいています(類似の法則)。

 

 「ホ メオパシー」という言葉も、ギリシャ語で「類似の・同種の」を意味する homeo と、「病気・ 苦しみ」を意味する pathos を組み合わせて名づけられています。 

 

 例えば、玉ねぎを原材料にしたアリウム・ケパというレメディがあります。玉ねぎと言え ば、きざんだ時に鼻水や涙が止まらなくなったりします。アリウム・ケパは、まさにこのよ うな症状を伴なう風邪や花粉症に使われています。

  

 

~1 種類のレメディがその人全体を癒す~

「単一レメディの原則」 

 ホメオパシーでは、クライアントさんが複数の症状を持っていても、それらは全て、1つにつなが るものと考えます。ですから、症状ごとに別々のレメディを選ぶことはせず、複数の症状 から、クライアントさんの全体像をとらえて、今最もふさわしいレメディを 1 種類だけ選びます。

 

 レメ ディは症状が出ている部位に直接作用するわけではなく、生命力に働きかけ、その人全体を癒 していくのです。

 

~できる限り微量の摂取を心がける~

「最小摂取の法則」

 

 ホメオパシーのレメディは、治癒を起こすのに必要な、最小限の摂取を心がけます。

 

 レメ ディは自己治癒力を刺激して治癒へと導くものなので、一度スイッチが入ると、それ以上 の刺激は必要なくなります。 

 

 ホメオパシーは、単に症状を取り去るのではなく、その人全 体を全人的(ホリスティック)に治癒へと向かわせ、Quality of Life(生活の質)の向上をサポ ートすることを目指します。  

 

 

 

レメディーとは


レメディは、植物、鉱物、動物、細菌など、すべて自然界にあるものから作られています。現在、レメデイの数は約3000種類とも言われています。

 

 レメディは、これらの原材料から抽出した母液(マザーティンクチャー)を、アルコールと水の混合液を使って、希釈(きしゃく。薄めること)と振盪(しんとう。激しく振ること)を繰り返し、原材料を極微量にまで薄め、それを小さな砂糖玉に染み込ませたものです。

   

 この希釈と振盪を繰り返せば繰り返すほど、原材料の薬効を損なわずに毒性を消し、心身を癒し回復させる効果を高めることができます。ホメオパシーのレメディは、体の自然な治癒を促進します

 

 

ホメオパシーはこんな人に向いています


 

・なかなか改善しない慢性的な症状がある人

・不定愁訴が続いている人

・精神的または感情的な問題を感じている人

・副作用のある薬をできるだけ飲まずに体調を改善したい人

・今の健康状態をもっと良くしたい人

 …etc.

 

 ホメオパシーは赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い年齢層と幅広い症状に対応できます。

 

 ご質問やご相談は、基本的にメールでお受けいたします。

 

ホメオパシーを詳しく知りたい方へ


 ホメオパシーについて詳しくお知りになりたい方、ホメオパシーのセッションを受けてみたい方を対象に、

「ホメオパシーの基本講座」を随時行なっています。

 

 ホメオパシーへの理解を深めていただくために、

・ホメオパシーとは

・病気とは

・健康とは

・症状とは

 

 などについて、分かりやすくご説明させていただきます。

 

 所要時間は約1時間。受講料は1080円(税込み)です。受講をご希望の方は、お電話かメールでお申し込みください。